病院の概要

About us

理事長あいさつ

 医療法人知命堂病院は、知命堂病院を母体とし、介護老人保健施設、訪問看護ステーションを開設し、さらに居宅介護支援センター、地域包括支援センターを併設し、上越地域における医療と介護と福祉の充実と連携を目指しています。
 当地域は高齢化が進み、複数かつ慢性の病気を持った高齢患者さんが多く住まわれ、慢性期の高齢者医療の需要が高まっています。知命堂病院は外来においては高血圧症、糖尿病などの慢性疾患を、入院においては障害者病棟と医療療養病棟を備え、亜急性期、回復期、慢性期医療を担当し、また神経難病や脳卒中・大腿骨頸部骨折患者などについては急性期病院と連携を取りながらリハビリテーションを行います。また在宅や施設では対応困難な全身疾患やがんや老衰などの患者さんも入院して頂き、ご家族と相談しながら最適の医療を提供いたします。
 介護老人保健施設くびきのでは、病院から在宅への中間施設として、在宅復帰にむけてのリハビリテーションなど日常生活の充実をめざした取り組みを行います。
訪問看護ステーションは24時間体制にて病気を持ちながら在宅で生活する患者さんを訪問し、主治医の指示のもと看護やアドバイスを行い、患者さんの自宅での生活が持続するよう援助いたします。
 今後ますます高齢化、少子化が進む中で、当地域では病気の高齢者が一人でまたは、高齢者夫婦でだけ悩み苦しんでいる場合があります。また家族がおられても介護力が乏しく困っておられる方も多い現状です。知命堂病院、老健施設においてはケースワーカーが皆様のお話を伺いながら関連職種を集めてカンファレンスを行います。また居宅介護支援センター、地域包括支援センターでは在宅での生活を支援する活動を行っていますので気軽にご相談下さい。
 知命堂病院は医療と介護のケアミックス病院として、また急性期病院と連携しながら、上越地域において住民の皆様の要望に応えながら活動を続けて行きます。

医療法人知命堂病院

理事長 森川政嗣

理事長 森川政嗣写真

基本理念

地域の皆様の健康と生命を守り
心のこもった医療と福祉を
提供できる施設。

目標

患者様に優しく思いやりのある医療と介護を目指します。

人間味ある温かい医療と療養施設を備えた、安心で快適な施設を目指します。

他の医療期間・福祉施設と互いに信頼できる関係を図り、地域の医療と福祉の向上を目指します。

職員が互いに尊重・信頼・協力し、働きがいのある職場環境を目指します。

職員一人一人が自己研鑽に励み、医療水準の向上を目指します。

病院の概要

診療科目 内科・循環器内科・外科・婦人科・泌尿器科・脳神経内科・整形外科
許可病床数 145床 〈一般病床(2階…46床 3階…51床)97床 / 療養病床(4階)48床〉
職員数 178名
指定事項等 救急告示
届出施設基準
  • ・ 10対1障害者施設等入院基本料
  • ・ 特殊疾患入院施設管理加算
  • ・ 薬剤管理指導料
  • ・ 療養環境加算
  • ・ 療養病棟療養環境加算 1
  • ・ 医療安全対策加算2
  • ・ 感染防止対策加算2
  • ・ 後発医薬品使用体制加算 1
  • ・ がん性疼痛緩和指導管理料
  • ・ 食堂加算
  • ・ ニコチン依存症管理料
  • ・ 認知症ケア加算2
  • ・ 療養病棟入院基本料2
  • ・ 検体検査管理加算(Ⅱ)
  • ・ CT撮影及びMRI撮影
  • ・ 脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅱ)
  • ・ 運動器リハビリテーション料(Ⅱ)
  • ・ 呼吸器疾患リハビリテーション料(Ⅰ)
  • ・ がん患者リハビリテーション料
  • ・ ペースメーカー移植術・交換術
  • ・ 通則の5及び6に掲げる手術
  • ・ 胃瘻造設術
  • ・ 無菌製剤処理料

沿革

               
明治4年 瀬尾玄弘が現在地に「知命堂(ちめいどう)」の名称で医院を開業
明治24年 「私立 知命堂病院」を開院する〈内科・外科・産婦人科・眼科〉 院主 瀬尾玄弘 院長 瀬尾原始
明治27年 「附属産婆看護婦養成所」を設立
明治39年 「財団法人 知命堂病院」となる
明治45年 瀬尾雄三が院長となり、瀬尾原始は理事長となる
大正3年 日本赤十字社県支部委託診療所に指定される
昭和4年 「合資会社社団法人 知命堂病院」に改組し、森川政三が理事長兼院長となる 新館落成
昭和7年 附属看護婦養成所の指定を受ける
昭和27年 法改正により附属准看護婦養成所となる
昭和33年 森川政一が理事長兼院長となる
昭和39年 改組し「医療法人 知命堂病院」を設立、全面改築を企画
昭和46年 第三期工事竣工し、創立100周年記年式を挙行
昭和54年 基準看護2類承認、増改築工事完成
昭和57年 「知命堂病院百十年史」を上梓
平成4年 野村穣一院長となる 理事長 森川政一
平成6年 「老人介護保健施設 くびきの」「たかだ在宅介護支援センター」を開設 新看護体系へ移行
平成8年 「知命堂病院 訪問看護ステーション」を開設
平成11年 「指定居宅介護支援センター」開設
平成13年 3月 准看護婦養成所閉校
平成14年 3月 新病院竣工
7月 新病院竣工・創立130周年・准看護婦養成所閉校記念式を挙行
平成18年 3月 「たかだ在宅介護支援センター」閉設
4月 「地域包括支援センター たかだ」開設
平成19年 3月 野村穣一が理事長兼病院長となる
平成23年 4月 森川政嗣が院長となる 理事長 野村穣一
6月 創立140周年記念式典を挙行
平成26年 5月 病院3階病棟を療養病床へ種別変更
平成29年 4月 病院3階病棟を一般病床に種別変更。
新組織として「地域医療介護連携センター」の立ち上げ
令和2年 7月 森川政嗣理事長兼病院長となる