お知らせ news

2022.08.22

イベント

高校生一日看護師体験を実施しました

 当院では例年新潟県看護協会の推進事業である「高校生一日看護師体験」の受け入れを行っています。今年は8月3日(水)開催し将来看護師になりたいという5名の高校生に参加していただきました。初めて看護師のユニフォームを着て、ドキドキ・ワクワクの一日体験でした。看護師の役割や資格取得についての説明だけでなく、院内見学でリハビリ科・薬剤科・検査科・放射線科から各職種の役割や看護師との連携について説明を受けました。

 リハビリ科では、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の役割と看護師との連携について説明を受けました。薬剤部では薬の溶け方を、検査科では細菌の繁殖状況や顕微鏡などを実際に見せてもらいました。放射線科では重いプロテクター(放射線科防護衣)を装着してみました。このような体験を交えた説明から看護師の活躍だけでなく、多くの職種が協力し合いチームで連携して患者さんに関わっていることを知っていただきました。

 看護技術の体験では病棟見学はできませんでしたが、血管モデルを使って模擬採血や点滴の滴下数を合わせてみました。「意外に難しい・・((+_+)。」車椅子搬送や実際にベッドに寝てみるなど患者さんの体験もしました。体験後は、自分の将来についての話をしたり、担当した看護師から「看護師になってうれしかったこと」を聞いたりと、有意義な一日となりました。「医療に関わる方々は、怖い印象がありましたが、実際に説明していただいてとても優しい方々ばかりで看護職に対する憧れが強くなりました。」と目を輝かせ、担当している看護師たちも新鮮な気持ちになりました。

 この体験を通して医療に関わる仕事や「看護の道に進みたい」と思っていただければ幸いです。近い将来一緒に働ける日がくることを楽しみにしています。